HALYUKIICHIKAWAdeu(x)fleurYUMEHANAZONOviviapaletta
パールのお直しで一番多いのが糸ゆるみでの仕立て直し。
“連装”(れんそう)といわれるこの作業は、熟練した従業員が社内で行います。
私どもがお客様のネックレスをお預かりして常々思うのが、
金具をつけ替えるだけでももっと使いやすくなるのに、ということです。
それに、お店や通販などで購入したネックレスはほとんどが42p。
体格や年齢のことなど考えていないことが多いのです。
もう少し長かったら、もう少し短かったら
もっと私にベストなのに…といつも悔しい思いをしていませんか?
ご自分のサイズに合うようになると、ぐっと出番が増えるものです。
糸替えや金具替えのほかにも、パールのネックレスは意外とリフォームしやすいもの。
ネックレスの糸替えについてと、以下のリフォームおすすめ例をご覧ください。


ワイヤータイプ
近年多くなった連装方法です。南洋真珠などの大きな
パールを通す時に使われます。 パール同士が
傷つかないようにシリコンクッションを入れることもできます。
ワイヤータイプは強くて丈夫ですが、ハリがあるため
折れやねじれにはダメージを受けることがあります。
糸タイプ
昔から広く使用されている連装方法です。
使用頻度により劣化することがあります。
また時間とともに糸が伸びる場合がありますので、
2〜3年に一度の 糸替えをおすすめします。  
※両端の数ピースのみ結び目を作ります
オールナッツタイプ
オールナットともいわれたりします。 糸で仕上げる
連装ですが、1粒1粒の間に結び目を作ることにより、
万が一、糸が切れてしまってもネックレスがバラバラに
なりません。 またパール同士が直接ぶつからないので、
手に取った時にしなやかな印象があります。
ロングネックレスタイプにはこの方法がよく見られますが、
すべての間を 縛ってしまうと長くなってしまうため、
数ピースおきに結び目を作ることもあります。


ネックレスの金具には代表的なものが3つあります

バネ式タイプ
金属板のバネ力を利用したものです。 多くのネックレスに
このタイプが使われています。 ほかのタイプに比べ価格が
手ごろなのですが、決まった方向でしか差し込みが
できないため、慣れないと着けにくさを感じるかもしれません。
プッシュ式
近年開発されたビーンズタイプが主流です。
クラスプの一部を押すとストッパーが外れる仕組みになっています。 差し込みには上下がないので、どの方向からでも簡単に
装着できます。

マグネットタイプ
デザイン部分を開閉して使用します。 金具の裏側には
マグネットがついていて、これがストッパー代わりに
なっています。 このクラスプは珠と珠の間を挟むタイプなので、
お好きな長さに調整ができます。